集積化ガラスチップ・マイクロ化学技研株式会社
マイクロ化学技研株式会社
会社紹介 お問合わせ リンク集 English
マイクロ化学技術の将来構想
私たちが現在望んでいる、あるいは次世代に期待しているものとして、環境ホルモンなどの超微 量有害物質のリアルタイム測定・モニタリング:地球環境、個人の健康状態のモニタリング:高齢化社会、個人の遺伝子解析に基づくテーラーメイド創薬:バイ オテクノロジー、などがあります。

これらに共通する重要な点は、膨大なサンプル数と項目数、また超精密な化学処理を必要とすることで、いずれも少量(試料・血液)で、かつ迅速に結果を得る ことが可能なマイクロ化学技術の利用が期待できます。

集積ガラスチップによ る合成工場

その場で結果が確認で きるリアルタイム診断装置
今まで一日以上かかっていた病院での検査を迅速化することは、病気の早期発見・早期治療につ ながります。また、患者に対する素早い情報提供が可能です。

唾液で診断する携帯型 ストレスチェッカー
現代はストレス社会といわれています。ストレスを気づかずにほっておくと脳内アミノ酸が不足 して各種の疾病が起こりやすい体になります。マイクロ化学チップを使えば、リアルタイムに健康状態をチェックでき、常に自己健康管理を行うことが可能にな ります。
 
Page Top